葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

告別式(こくべつしき)

「お葬式」は、故人を弔い、冥福を祈る儀式です。ふだん、私たちは「お葬式に行ってきました」と何気なく言っていますが、故人との間柄が友人や知人であれば、本来ならば、参列するのは「告別式」の方になります。

葬儀式場に行くと、“葬儀・告別式”と書かれた案内を見ることがあると思います。葬儀はご遺族や近親者が営む儀式であり、告別式は知人や友人が故人との最後のお別れをする儀式で、もともとは別な儀式なのです。

以前の告別式は、葬儀の後、遺骨を埋葬する前に行なわれていた儀式なのですが、現在では、“葬儀・告別式”として同時に行なうのが一般的になりました。

参列者の全部が火葬場まで同行することは無くなっていますので、全員がそろっている時に行なうようになったようです。

同時に行なうようになったとしても、葬儀と告別式は全く別な意味あいで営む儀式ですから、葬儀が終わった後、僧侶はいったん退場し、告別式のためにあらためて入場して行なうのが正式です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.