葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

骨あげ(こつあげ)

「骨上げ」とは、火葬がすんだ遺骨を拾い上げ、骨壷に入れることを言います。骨上げは二人一組で行なわれ、ひとつの骨を二人同時に箸で拾い上げて骨壷にいれるようにしますが、箸を使うのは“三途の川”の橋渡しをする、ということから由来したものです。

一般的な順番は、喪主をはじめとして故人との関係が深い順(遺族→親族→友人・知人)となりますが、宗派や地域によって違いがあります。火葬場の係員か葬儀社の者が誘導しますので、すみやかに、心をこめて行なってください。

全ての骨を骨壷に納めたら、最後に喪主の手によって“喉仏の骨”をのせます。その形が仏様が合掌しているように見えることからそう呼ばれているものですが、実際は喉仏の骨ではなく、第二頚椎という頭を支える首の骨なのです。

また、「喉仏の骨がハッキリした形で残れば成仏できる」「生前、善行した証である」等というのは骨の形からきた迷信ですが、「きっと成仏して極楽浄土へ行ったに違いない」という遺族の思いから発生したのではないでしょうか。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.