葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

御仏前、御霊前(ごぶつぜん、ごれいぜん)

不祝儀袋には、表書きが「御霊前」「御仏前」「無地」と、大きくわけて3種類のものがあります。

宗派や地域によって違いもありますが、一般的には、故人が亡くなった日から四十九日以降には「御仏前」、それより前には「御霊前」となります。ですから、通夜、葬儀、告別式に持参する香典の表書きは「御霊前」、四十九日の忌明け法要からは「御仏前」です。

仏教では人が死んでから7週間(四十九日)の間、新しい生へと生まれかわるための準備をしているとされ、その間、現世と来世のどちらにも位置しない存在である「霊」は「御霊前」、そして四十九日後、最終審判が行なわれ、はじめて「御仏前」となります。

亡くなってから七日ごとに次の生まれ変わりのための審判が行なわれるとされ、故人が善い世界へ生まれ変わることを願って行なわれるのが、七日ごとの追善供養なのです。

不祝儀袋は、“繰り返さない”という意味を持つ“結び切り”の水引(白黒2色か銀1色)のもので、文字は薄墨を用いて書きます。

また、不祝儀の外包みは、上部の折り返し部分を上にします。人が悲しくてうなだれている姿、悲しい気持ちを表しているのですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.