葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

逆さごと(さかさごと)

葬儀のしきたりの中で、日常、習慣的におこなわれる作法と逆のことをすることがあり、それを「逆さごと」と言います。

逆さごとの由来は、“死者の世界は、この世とは逆になっている”と考えられていることと、死者の世界と生者の世界との間に隔たりを作り、生者を守るために行なわれるとされています。

「逆さごと」では、次のような事をおこないます。・逆さ屏風…遺体を安置するときに、屏風の天地を逆にしての枕元に置く。・逆さ水…冷たい水に熱いお湯をそそいで、湯灌に用いる。・逆さ着物…故人の衣装を、襟を足のほうにしてかぶる・足袋を左右逆にはかせる。・着物を左前に着せる。・着物の帯を縦むすびにする。

このほかにも、地域によって、火葬場への往復の道順を変えたり、衣類を逆さにして干すこともあります。

「逆さごと」は、しきたりとしてその土地の風習にならい、行なわれているものですが、由来から見られる通り、仏事というよりは魔よけ的な要素が強く出ているものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.