葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

寺院墓地(じいんぼち)

墓地は、経営する者によって「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」の3つに分けられ、その中の宗教法人が経営する墓地を「寺院墓地」といいます。寺院が墓地経営をすることは、法律上、宗教活動の一環と考えられ、墓地を利用するためには、その寺院の檀家となることが前提となっています。

寺院墓地は境内にあるので、墓地の管理が行き届いていることや、いつでも僧侶に読経をしてもらえること、永代供養をしてもらえる等の理由で、昔からたいへん需要が高いものです。

ですが、檀家になるということは、その宗派の信徒になるということですので、お寺の行事や墓地清掃への参加のほか、寄付金を求められるケースもあり、石材店を指定する寺院もあるため、自分で自由に墓石を決められなくなることもあります。

寺院墓地と、公営・民営との大きな違いは、檀家としてお寺との付き合いがあると言うことです。墓地を購入する場合は、立地条件や金額ばかりではなく、自分の宗派や、檀家としてのお寺との今後の付き合い等を、よく考えて決めるようにしましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.