葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

式辞(しきじ)

「式辞」とは、主催者側を代表して行なう挨拶のことで、特に社葬などの大きな葬儀で“葬儀委員長”が行なう挨拶のことを言います。以前は、町内会等で葬儀委員長をたてていたのですが、最近ではそういった慣習も少なくなり、喪主挨拶と弔辞だけのところが増えてきているようです。

式辞と弔辞の違いは、式辞が個人の社会的な業績や生涯を紹介する内容となっているのに対し、弔辞は親しい友人等が故人を偲ぶものとなっている点です。

式辞の内容は、まず、故人と自分との間柄を簡潔に紹介し、故人が歩んだ人生、残してくれた業績、人柄などを紹介する言葉を述べ、最後に参列してくれた人々への感謝の辞でしめくくります。時間としては、3分位を目安にして、ダラダラと長くならないように気をつけます。あまり大げさな表現は、かえって心に響かないものです。「式辞」の場合は、簡潔に、自然に、感情的にならないようにして下さい。

また、迷う、続く、重ね重ね、返す返す、たびたび等の“忌み言葉”にも気をつけましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.