葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

四華花(しかばな)

四華花(しかばな)、四華(しか)、四花、死花、紙花など、さまざまな呼び名がありますが、白い紙に横に細かく切れ目を入れて、細い棒に巻きつけた葬具の一種です。

葬具には皆、由来がありますが、この四華花の由来は、お釈迦様が亡くなったときに、沙羅双樹が真っ白な花を咲かせ、釈尊のご遺体を覆いつくしたことにちなんだものです。

お釈迦様の最後の説法は、沙羅双樹のもとで行なわれました。この最後の説法のあと、お釈迦様は涅槃(さとりの境地)へ入られたことから、四華花は、死者が涅槃に入ったことをあらわすとも言われています。

また、このときお釈迦様が北枕であったことから、亡くなった人を北枕にして寝かせているのです。

昔は、近親者が悲しみをあらわす四華花を持って葬列に加わっていましたが、葬列をしなくなった現代でも、四華花を供えるしきたりは残っています。

葬儀社が用意することがほとんどで、現代では金・銀の四華花も見られますが、由来から考えるとやはり「白」がふさわしいようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.