葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

樒(しきみ)

 樒(しきみ)は、日本に古くから自生する常緑樹で全体に香りがあり、香花(こうげ)という別名があります。

遠い昔、土葬してい頃には、遺体を埋めた墓地を動物に荒らされるおそれがありました。樒の果実にアニサチンという猛毒がありますので、動物が近づかないように、墓地に植えたり、枝を墓の周囲にさして、遺体を守っていたもので、火葬となった現代でも、墓地に樒を植えたり、樒の枝を墓前に供える習慣となって残っています。果実に猛毒が含まれているので“悪しき実”、というのが樒の名前の由来です。

「樒を死者のそばに置くと悪霊が近づかない」と言われ、枕飾りのときに使われます。また、樹皮や葉から抹香(粉末状の香)を作ったことから“抹香の木”とも呼ばれ、昔は死臭をきよめる目的にも使われていました。

もともと抹香は撒いて使うものでしたが、現在では焼香用に使われていることから、樒を供えることは、香を焚くのと同じ意味があるとされています。樒を供花とするのは、地域や宗派によって違いがありますが、関西を中心によく用いられ、一対にして贈ります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.