葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自然葬(しぜんそう)

日本ではじめて「自然葬」が現れたのは、1991年、東京で「葬送の自由をすすめる会」が発足されてからのことで、その後、国語辞典にも掲載されるほど一般的なものとなりました。「自然葬」とは、遺骨を墓等に納めず、海や山などの“自然のなかに還す”という葬送の総称のことです。

「お骨って、お墓に納めなくてもいいの?」と思われる方が多いと思いますが、法律上、そういった決まりはありません。
世界各国を見てみると、現在でも鳥葬や風葬をしている国もありますが、日本で行なう「自然葬」は、遺骨を粉末化して散骨するものですので、散骨として考えても良いと思います。

自然葬には、海、山、の散骨の他、宇宙葬、樹木葬などがあり、“人間も自然の中の一部なのだから、自然の中に還る”という考えのもとに行なわれています。

散骨を行なうにはお骨を粉末化する必要があり、散骨所定区域もありますので、専門業者へ依頼します。年々、葬儀にかける費用が上昇していますが、そういった動向に疑問を感じている人もいることも事実です。自然回帰に注目が集まっていることもあり、自然葬はこれから広がりを見せていくことと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.