葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

死装束(しにしょうぞく)

ご遺体に着せる服を「死装束(しにしょうぞく)」と言います。

本来、死装束は故人の血縁にあたる女性の手によって、一針一針ていねに手縫いされていて、「この世に留まることが無いように」「迷って帰って来ないように」ということから、留め縫い、帰し針、糸の最後を結ぶといったことはしませんでした

死装束が「白」なのは、浄化や汚れのない清らかさをあらわしたもので、近年では、故人が好きだった服を着せたり、白装束を着せた上に着物をかけたりする等、生前の好みを優先することが多くなっているようです。

伝統的な死装束は、経帷子と呼ばれる白い着物、足には脚袢と白足袋、草履を履かせ、手に手甲、頭には三角布、頭陀袋には三途の川の渡し賃となる六文銭を入れます。

これは浄土への巡礼の旅に出る修行僧の姿に由来したものですが、同じく仏教の中でも宗派によっては異なる場合もあります。

死装束は、葬儀社がセットで用意することが多いのですが、火葬のことを考えて紙で出来た六文銭を用いています。
地域によっては本物の硬貨を一緒に入れることがありますが、火葬場の管理者に確認してから入れるようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.