葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

死に水、末期の水(しにみず、まつごのみず)

息を引き取った後、家族が口元を水で潤すことを「末期の水」または「死に水をとる」と言います。

本来は臨終の間際に行なわれていたものなのですが、今では亡くなった方に対して行なわれ、箸に脱脂綿を巻いて糸でしばったものに水を含ませ、軽く口元を湿らすようにします

「末期の水」は、お釈迦様の末期に際し、口の渇きを潤すためにと、仏心に篤い鬼神が浄水を捧げたことに由来するものですが、「家族のために最後まで何かしてあげたい」という遺族の気持ちにふさわしい儀式かもしれません。また、あの世までの旅はのどが渇いてたいへんだろうという思いから水で潤す、という考え方もあります。

順序としては、最初に喪主となる方、次いで血縁の深い順番に行なうのが一般的です。今では病院で亡くなる方がほとんどですが、「末期の水」は自宅に帰り、布団に安置された後に行なわれます。地域によっては脱脂綿以外のもので、真新しい筆、樒(しきみ)、鳥の羽などを使って死に水をとるところもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.