葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

しのび手(しのびて)※神道

神社で参拝するときの正式な作法は「二礼二拍手一礼」です。

このときの「二拍手」は、両手をあわせてパン!パン!と音を鳴らすものですが、現在行なわれているこの参拝方法は、打ち鳴らした音によって神様をその場にお招きし、魂をお互いにふり動かす“魂振(たまふり)”から生じたものです。

神式の葬儀のときの拍手は、音をたてないようにする「しのび手」となり、実際には、両手が合わさる寸前で手を止め、決して音をたてないようにします。

「二礼二拍手一礼」でしのび手を行なうのは、仏式の焼香にあたる「玉串奉奠」の後になります。玉串を捧げたら一歩さがり、2回礼をし、2回拍手を打ちます(このときが“しのび手”となりますので、音を立てないように気をつけましょう)。ふたたび1回、礼をして霊前からさがりますが、最後の礼は深く、丁寧に行ないます。

「手水の作法」「拝礼の仕方」「玉串奉奠」は、神式の葬儀には欠かせない作法です。葬儀社で事前に説明をしたり、作法が書かれたプリントを渡すところもありますが、参列する前に一通り覚えておくと良いでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.