葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社葬(しゃそう)

「社葬」とは、会社に大きな功績を残した人のために、会社が費用を負担し、主体となって執り行う葬儀のことです。

故人を偲び、哀悼の意を表すことは、個人の葬儀と変わらないのですが、社葬の場合、取引先や各界の関係者など、参加者が広範囲にわたるため、大規模なものとなりなす。そのため、社葬は会社をアピールする場ともなり、いかにしっかりとした社葬を執り行うかによって、会社の評価の対象にもかかわってくる大切なイベントでもあるのです

社葬の対象となるのは、会社の創設者や会長、社長、役員等の他、会社に大きく貢献して功績を残した社員、社命の業務遂行中に殉職した社員等ですが、 生前の地位や貢献度によって、社葬の規模や会社の費用負担分が変わってきます。

近親者で密葬を終えてから社葬となりますので、会社側は、遺族の意向を尊重しながら社葬の準備をすすめてゆきます。また、外部への通知状は、遅くとも社葬の2週間前には着くように発送します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.