葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

数珠(じゅず)

仏事には欠かせない「数珠」ですが、その歴史は古く、古来、インドの儀式に用いられたことに発し、その後、密教の僧侶が使い始めたことから、仏教とともに日本へと伝わってきたものです。

「数珠」は「念珠」とも言われ、お経を唱えるときに“数を記す珠”というのが由来です。

今では様々なタイプの数珠がありますが、珠の数が108個で、二重になり、これに房や飾り玉がついたものが正式なものです。「百八」というのは、人間が持つ煩悩の数を表し、「数珠を司る御仏が、煩悩を引き受けてくださる」ということから、葬儀の仏具以外にも、お守りとして考えられています。一般的に私たちが使っているのは、珠の数が少ない略式の数珠です。

数珠は左手で持ちますが、これは左手が清浄な世界、御仏の世界をあらわすからで、房が下になるようにします。
焼香や合掌するときには、親指と人さし指の間にはさみ、葬儀の間は手元から離さず、イスに置いていくようなことのないようにして下さい。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.