葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

焼香(しょうこう)

仏式の葬儀では、霊前に香を供える「焼香」が行なわれますが、香を焚くことによって心身を浄化し、故人の冥福を祈るための作法です。会場のすみずみまでいきわたる芳香は、お釈迦様がすべての人に平等に向けてくださる慈悲の心を表すとも言われています。

焼香の回数は宗派によって異なりますが、“三回”とされる由来は、三宝(仏・法・僧)に捧げるため、または、三毒(貪り、怒り、愚痴)の煩悩をひとつずつ消していくためとされていますが、会葬人数が多いときは一回にすることもあり、事前に進行係から、作法や回数についての説明があるのが通常です

基本的な焼香の作法は、まず遺族、僧侶に一礼してから焼香台へすすみ、遺影に向かって一礼します。親指、人さし指、中指を使って抹香(粉末状の香)を少しつまみ、軽く頭を下げ、額のあたりまで指でつまんだ抹香を持ってきます。これを“おしいただく”と言いますが、宗派によっては行ないません。指をこすりあわせる感じで、香炉の上に静かに抹香を落とします。遺影に向かって合掌し、遺族、僧侶に一礼してから席に戻ります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.