葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

精進落とし(しょうじんおとし)

「精進落とし」は、本来、四十九日までは肉・魚を使用しない精進料理を食べていた遺族が、四十九日を過ぎて通常の食生活に戻る忌明けに行なわれていたものです。四十九日までの忌中の間は、仏教の教えによって「殺生の戒を犯さないように」ということから、肉・魚などを避け、故人への供養の意味でおこなわれていたのです。

今では僧侶や世話役、参列者の労をねぎらう意味で、葬儀の当日に行なわれることが多く、料理も肉、魚を使用していますので、精進料理とは内容も意味あいも別なものとなっています。

時代の流れとともに、葬儀のしきたりも少しずつ変化しています。

精進落としの変化も、遠方から葬儀に参列している方も多いと思いますので、四十九日に再び来てもらうのも大変だろう、という配慮もあると思われます。

精進落としは、喪主の挨拶からはじまり、遺族が席をまわって一人一人に御礼を言い、1~2時間ほどしたら、喪主の挨拶をもって終了となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.