葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

精進料理(しょうじんりょうり)

仏の教えに従い、ひたすら修行をつとめることを“精進する”といい、精進は悟りを開くためにとても重要なプロセスとなるのです。

仏教には殺生を戒める教えがあるため、生き物の命を奪うことになる肉や魚は食しません。また、美食を戒めていることもあり、修行僧は穀物、豆類、野菜のみを使用した食事をつくり、口にしていたのです。

その後、各宗派ごとに時代の流れとともに工夫がなされ、現代では日本料理の中でひとつのジャンルを確立しています。

“現在では精進料理の店”も数多く見受けられ、見た目にも美しい料理が、食べきれないほどたくさん並ぶこともあります。ここで少し考えてみたいのが、精進料理の本来の意味です。精進料理で大切なことは、肉・魚を食べないということだけではありません。野菜や豆などの植物を頂くときには、決してその命を無駄にしないことが大切なのです。もともとは野菜の皮や葉の部分も捨てずに利用していましたし、食べきれなくて捨ててしまうなどは、本当ならありえないことなのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.