葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

祥月命日(しょうつきめいにち)

「祥月命日」は、一周忌以降の、亡くなった日と同じ月日(命日)のことを言います。

一周忌、三回忌、七回忌などの「年忌法要」は、この「祥月命日」に行われるもので、「年忌法要」の年にあたる「祥月命日」に、親族などを呼んで法要を行ないます。

「年忌法要」は、一、三、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三というように、三と七がつく年忌に行なわれるのですが、三十三回忌を最後にし、それ以降はお盆やお彼岸などに「先祖代々」として一緒に供養するところが多いようです。

多くの人を招いて法要を行なうのは、一般的に一周忌か三周忌までとするところが多く、七回忌以降は、徐々に近しい者だけで行なうようになります。

また、毎月、命日と同じ日を「月命日」といいます。(1日に亡くなったのであれば、毎月1日が月命日)月命日には故人の好きだったものをお供えするなどして供養を行ないますが、月命日の供養にはこれといって期限はありませんので、いつでも、心ゆくまでお参りをしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.