葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

浄土真宗(じょうどしんしゅう)

浄土真宗本願寺派は、親鸞聖人(しんらんしょうにん)を宗祖とし、阿弥陀如来(あみだにょらい)をご本尊とする宗派です。

浄土真宗では、「阿弥陀如来に帰依すると決めた時点で、誰もが仏になることを約束される」とされ、仏になることを願って念仏を唱えるのではなく、仏になれたことへの感謝の心を阿弥陀如来に捧げるために、念仏を唱えるとされています。

「他力本願」という言葉がありますが、これは他人まかせにするということではなく、「阿弥陀如来だけが、我々を救うことができる」という意味の言葉です。

また、「南無阿弥陀仏」と唱えるのは、「私は阿弥陀仏を心から信じ、敬います」ということです。

浄土真宗では受戒がないので、「戒名」ではなく「法名」と言います。
法名の前には、お釈迦様の弟子であることをあらわす「釈」、女性には「釈尼」をつけますが、他の宗派にみられるような院号、道号、位号をつけることはありません。

仏壇はご本尊を中心にしておまつりし、右に「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号、左に「南無不可思議光如来」の九字名号の脇掛けをします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.