葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

白木位牌(しらきいはい)

葬儀のあいだ祭壇に祀る「白木位牌」は、漆などでいっさい加工をしていない、木でつくられた位牌です。

白木位牌は、もともと「野辺送り」のときにお墓へ持っていくもので、四十九日の忌明けまでの、仮の位牌と考えられていているものです。

「野辺送り」は、昔、土葬が主流だった頃、遺族や親しかった人たちが、埋葬地までお棺をはこぶ葬列のことですが、そのとき喪主が手にしていたので、「野位牌」ともいわれています。

忌明けの法要には、塗りの「本位牌」を用意して、僧侶による「魂入れ」をおこないます。本位牌をつくるのには一週間~二週間はかかりますので、法要に間に合うように準備をしてください。

また、白木位牌は「魂抜き」をしていただいてから、お寺におさめます。仮とはいえ、それまで故人の霊を祀っていたものですから、丁寧に扱ってください。白木位牌は「葬儀の基本プラン」の中に組み込まれていますので、あらためて買い求める必要はありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.