葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

神葬祭(しんそうさい)※神道

神式でおこなわれる神道の葬儀を、神葬祭(しんそうさい)と言います。

古来、日本は神道の国でしたが、奈良時代に仏教が伝来して広く普及したことに加え、江戸時代に檀家制度(キリスト教対策のため、寺院への所属を義務づける制度)が設けられたことから、葬儀は仏式で行なわれるようになりました。

明治になって檀家制度は廃止されましたが、当時、神葬祭を行なえるのは許可された神道とその跡取りだけで、許可の必要がなくなったのは、昭和に入り戦後になってからのことです。

神道では、人が死ぬとその霊魂は祖先の神々のもとへ迎えられ、その家の守護神として子孫を見守り続ける、と考えられています。

神葬祭は、故人の御霊(みたま)を、これからは祖先神としておまつりするために行なう儀式ですので、仏式の「冥福」「供養」「成仏」という事柄とは全く異なります。

神葬祭に参列するときには、お悔やみの言葉に気をつけましょう。

神葬祭の流れは、まず、故人が死んだことを神に報告する帰幽祭からはじまり、通夜祭、霊璽(れいじ・仏式でいう位牌にあたるもの)に御霊(みたま)を移す霊璽祭、葬儀・告別式に相当する葬場祭、火葬祭、帰家祭となります。

参列する場合の服装は一般的な喪服で良いのですが、数珠は仏教特有のものですので持参しないようにしてください。また、不祝儀袋の表書きは「御霊前」「御玉串料」となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.