葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

精霊棚(しょうりょうだな)

お盆のときに、ご先祖様をお迎えするために設ける祭壇を「精霊棚」または「盆棚」と言います。

仏壇の前に設置するものですが、このとき仏壇の扉は開けておき、位牌を取り出して「精霊棚」の中央に置きます。精霊棚」の飾り方は、小机の上にまこも(イネ科の植物で作ったゴザ)を敷き、四隅に青竹を立てて上部に縄を張りめぐらして、その縄の部分に、そうめん、昆布、ほうずきを吊るします。

小机には香、灯明、浄水、花、季節の野菜、果物、団子、故人の好物等と、“キュウリの馬、ナスの牛”を供えます。現在では、青竹を四隅に立てずに、仏壇の上部に竹を横に渡した部分に飾りつけをしたり、小机のみで簡略化しているところも多いのですが、先祖の霊をお迎えする気持ちには変わりありません。

“キュウリの馬、ナスの牛”は、先祖の霊に向けて“来る時は馬に乗って早く来てください、牛に乗ってゆっくりお帰りください”と言う意味で供えられます。

また、13日には、霊が迷わず帰ってくるように“迎え火”を焚き、盆ちょうちんを飾ります。お盆の間いっしょに過ごした霊を送るために“送り火”を焚きますが、これを「精霊送り」と言って、夏の風物詩にもなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.