葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

施餓鬼(せがき)

仏教では、生前の功徳によって、“六道世界”という死後の世界に振り分けられると考えられています。“六道世界”とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天のことで、生前に欲深い行いをした者は“餓鬼道”に落ちるといわれています。“餓鬼道”では、食物のすべてが燃え上がるため口にすることが出来ず、体は痩せこけ、腹だけが膨れ上がったおそろしい姿となり、永遠に欲を満たすことができなくなってしまうのです。

餓鬼道へ落ちてしまった人々のために、今、生きている私たちが善行を積み、仏様のお力をもって浄土へと導いてもらうことを「施餓鬼」といいます。施餓鬼では、僧侶による読経回向、水、食物で供養します。施餓鬼供養を機会に、食べ物のありがたさについて、家族で話し合うのも良いかもしれません。

お釈迦様の弟子が、餓鬼道に落ちた母親を救うために行なった供養が盂蘭盆会(お盆)の由来ですので、お盆の季節になると、お寺で「施餓鬼供養」の声が聞こえはじめます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.