葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

席次(せきじ)

「席次」とは、座る席の順序のことを言い、葬儀の中で席次が決められているのは、通夜式、葬儀式、告別式となります。

【通夜式の場合】
僧侶が祭壇の真前に座り、祭壇に向かって右側が遺族席で、喪主をはじめとして、血縁の深い順に座ります。左側には葬儀委員長、世話役代表、友人、知人等が座るようになりますが、一般弔問客の席順は特に決めず、来た順に座っていただきます。通夜式は自宅で行なう場合が多く、席を左右に分けるほどスペースが無いことから、それほど席次は厳密ではありません。そういった時には、祭壇に一番近いところに喪主、あとは血縁の深い順に座るようになり、一般弔問客は後方になります。

【葬儀式・告別式の場合】
通夜式と同様の席次となりますが、左側の一般会葬者の席順は、一般的には世話役代表→友人・知人→会社関係者となりますが、係員に案内されれば、その席に着席するようにします。また、葬儀式、告別式での席次は、そのまま焼香の順番となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.