葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

線香(せんこう)

“香を焚く”という習慣は、古来からインドで行なわれていました。室内を芳香で満たすことは、客へのもてなしの気持ちや礼儀として行なわれてきましたが、室内にこもった臭いや、体臭を消す目的もあったようです

インドでお釈迦様が誕生し、仏教が中国を経て日本へと伝わってくると、儀式を行なう場をきよめる意味で香が焚かれるようになりました。当時の香は、伽羅、沈香、白檀といった香木を細かく砕いたもので、火をつけても短時間しか持たないものでした。

香の燃焼時間を長くするため、細長い線状にしたものが「線香」です。現在では実にさまざまな香りの線香が販売されていますが、主に植物系の天然成分を使用しているのが特徴です。

植物系の天然成分といえば、今はやりのアロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルと同じです。供養のための線香ですが、同時に私たちの心も癒されますね。

線香やロウソクの火を消すときは、フッと息を吹きかけて消してはいけません。仏様に対して失礼にあたりますので、手であおいで消すようにします。“ロウソクの火消し”という道具もありますので、試してみてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.