葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遷霊祭、通夜祭(せんれいさい、つやさい)※神道

神道の「通夜祭」は仏式の「通夜式」にあたるもので、自宅か斎場で行います。

神葬祭の式をつかさどる神官を「斎主」、式進行の世話をする人たちを「斎員」と呼びます。また、楽を奏でる係を「楽員」といいますが、最近では省略することが多いようです。

通夜祭の式次第は、

①斎主、副斎主、斎員の順で着席します
②続いて喪主、遺族、親戚、参列者が着席します
③斎主によるご遺体への拝礼、斎主に従って参列者に拝礼します
④副斎主か斎員が、神饌(神にささげる供物)を供えます
⑤斎主による祭詞(故人の経歴や人柄をあらわしたもの)の奏上
⑥楽員による詠歌(るいか)の奏上
⑦玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行ないます。最初に斎主が玉串を捧げ、続いて副斎主、喪主、遺族、親族の順に全員が行ないます
⑧副斎主か斎員が、以下が神饌を下げます(撤饌と呼びます)
⑨斎主がご遺体に拝礼し、斎主に従って全員が拝礼します
⑩先に斎主、副斎主、斎員らが退出し、続いて喪主たちも退出します。

通夜祭に引き続き、故人の御霊(みたま)を霊璽(仏式で位牌にあたるもの)に移す「遷霊祭(せんれいさい)」を行います。式場の明かりを消した中で行なわれ、霊璽を柩に向けながら、斎主が「遷霊の詞」を唱えるものです。

霊魂が遷霊した霊璽を「仮霊舎」に安置し、式場の明かりをつけます。通夜祭が終了した後のおもてなしは、喪家で火を使った調理はしませんので、仕出し料理をとることが多いようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.