葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

葬儀(そうぎ)

「葬儀」は「葬送儀礼」を略した言葉で、死者を葬るために行なわれる一連の儀式のことを言います。

“葬送”は死者をお墓等に葬るために送ることを言い、“儀礼”は神様、仏様、またはご先祖様の霊に対する礼拝を表したものです。葬送の方法や、儀礼については、宗教、宗派、地域によって異なると思いますが、いずれも遺族が中心となって行ないます。

ふだん、葬儀式のことを「葬儀」と略して言っていますので、葬儀=葬儀式と思っている方も多いかもしれませんが、葬儀式は「葬儀の中の一部」ということになります。

葬儀式は、故人の冥福を祈って、遺族や近親者が営むものです。今では「葬儀・告別式会場」というように、同時に行なわれることが多いのですが、告別式は故人の友人、知人が集まってお別れをするものですので、本来は別々に行なわれていました。

時代とともに葬儀についての考え方もかわり、現代では、その人らしさや生涯を表す“人生最後のセレモニー”という捉え方が増えてきています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.