葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

葬儀式(そうぎしき)

私たちは、ごく普通に「葬儀に参列してきました」と言っていますが、本来、死者を弔い、葬るための一連の儀式(湯灌、納棺、通夜、葬儀式、告別式、納骨、法要等)が葬儀(正確には葬送儀礼)なのです。

「葬儀式」は、故人の冥福を祈るために、遺族や親族が営む弔いの儀式のことです。現在では、ほとんどが葬儀式と告別式を同時に行なっていますが、「告別式」は、友人・知人が故人とお別れをする儀式ですので、葬儀の基本となってるのは「葬儀式」の方になります。

葬儀式は、寺、自宅、葬儀場等でおこなわれ、僧侶による読経、全員での焼香により、故人の冥福を祈ります。葬儀に関わる言い伝えや迷信は数多くあるのですが、その中に「妊婦が葬儀に行くと子供に災いがおこる」というものがあります。

これは、昔の葬儀は全て自宅で行なわれ、葬儀の準備にとても労を要したため、妊婦の体には負担がかかるから控えなさい、という配慮からきたものです。今はそういった心配もありませんので、体調に問題がなければ、お世話になった方の葬儀に参列し、最後のお別れをしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.