葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

曹洞宗(そうとうしゅう)

曹洞宗は、道元を開祖とし、南無釈迦牟尼仏をご本尊とする宗派です。

曹洞宗では、修行の基本を「坐禅」とし、座禅のときの座り方は、壁に向かった面壁です。ただ、ひたすらに坐禅を行うことをとても重要なことと考え、坐禅の心と姿で生きていくこと「即心是仏」として説いているのです。

「即心是仏」とは、座禅の心で日常を生きること、座禅と日々暮らしている生活は一つであることから、今、生きていることそのものが修行であり、仏の行である、という教えです。

曹洞宗の戒名には、特別な決まりはありませんが、墓石の上部には「円相」という丸い円を彫ったり、「南無釈迦牟尼仏」とすることもあります。

仏壇は、中央にご本尊、右に高祖・承陽大師道元禅師、左に太祖・常済瑩山禅師の「三尊仏形式」としてお祀りし、般若心経を唱えます。

現在、日本では、曹洞宗の寺院の数が最も多く、駒澤大学や東北福祉大学などの教育施設を有しています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.