葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

卒塔婆(そとうば)

お墓の後ろに立てかけてある、梵字や戒名等が書かれた細長い板を「卒塔婆(そとば)」と言います。

卒塔婆(そとば)は、インドのサンスクリット語「ストゥーバ」を音訳したもので、もともとはインドにある「塔」をあらわす言葉です。

その昔、お釈迦様が入滅されたとき、その遺骨(仏舎利といいます)は弟子たちによって8つに分骨され、それぞれの場所に埋骨されました。埋骨した上に建てられた塔が“ストゥーバ”で、その後、長い時間を経て五重の塔などに形を変え、五輪塔へと象形化されていったのです。

その五輪塔がさらに年月をかけて簡略化されたものが卒塔婆ですので、卒塔婆をよく見ると、上部が塔をあらわす形になっています。

卒塔婆は供養のために建てられるものですので、故人の回忌や盂蘭盆会などの供養とともに、新しいものと変えられます。

卒塔婆の表面に書かれているのは、仏教の宇宙観をあらわす「空・風・火・水・地」の五大要素を梵字であらわしたもので、その下に戒名、回忌、盂蘭盆会、彼岸などの供養の機会が記載してあります。裏面に、供養の日付、施主名を記載しますが、最近では施主がわかりやすいように表に書くことも多いようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.