葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

檀家(だんか)

「檀家」とは、寺院にお墓を持ち、金品等の寄進を行い、その寺院を維持するための協力をする一般家庭のことを言います。

江戸時代、キリスト教を取り締まるために、幕府が寺院に命じて作成させたのが“宗旨人別帳”ですが、これによって、世襲的に寺院の維持を行なう制度が確立したのです。

いまでは宗教の自由が約束されていますが、寺院と檀家の関係は今でも続いていて、寺院墓地を利用するにはその寺の檀家となる必要があります。

檀家は、インドのサンスクリット語である「ダーナバティ」を語源とし、「布施をする人」という意味で、布施のもともとの意味は、“見返りを求めず、自らの持つものを他人に分け与える”ということです。

寺院を維持・運営するために費用がかかるのは当然ですが、仏教における布施の意味を考えると、「お金さえだせば極楽浄土に行ける」というものではありませんね。その寺院の檀家になることは、信徒でもあるということですから、宗旨を守って信心につとめましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.