葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

団体葬(だんたいそう)

協会、学校等の団体が費用を負担し、責任をもって運営にあたる葬儀を「団体葬」、その団体が複数になるときには「合同葬」と言います。

いずれも遺族や親族だけで密葬を行い、2~4週間の準備期間を経て、あらためて団体葬を行なうのが一般的で、団体側の代表を葬儀委員長として、遺族、葬儀社と相談して葬儀の方針を決めていきます。このとき、遺族の意向を尊重しながら、綿密な打ち合わせをし、すすめていかなければなりません。

団体葬では葬儀委員長をはじめ、葬儀委員、実行委員が実質的な運営にあたります。

団体葬のほとんどが大規模なものとなりますが、規模の面だけでなく、各所において何かと細やかな配慮が必要になりますので、誠実で実績のある葬儀社を選ぶと良いと思います。

葬儀の式場は故人が信仰していた宗教によって選びますが、団体葬を行なう場合、土日祝祭日、友引の日は避けるようにします。

香典は受付で預かり、金額、住所、氏名等が書かれたリストを作成して遺族に渡しますが、香典返しは遺族が行ないます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.