葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弔辞(ちょうじ)

「弔辞」とは、生前、故人と親しかった者が、故人の霊前で述べるお別れの言葉のことです。遺族から弔辞の依頼をされたら、「人前で話すのは苦手だ」という方もいらっしゃると思いますが、引き受けるのが礼儀です。

正式な弔辞は巻紙に書くのですが、現在では紙を蛇腹折にすることが多く、弔辞専用の紙を用意している葬儀社もあります。弔辞を霊前に捧げたあとは、遺族の手で保管されますので、丁寧に、心をこめて書いてください。

弔辞の文章は、3分程度で読み終えることを目安にします。

文章の内容は「忌み言葉」に注意しながら、故人の死を悼み、人柄や業績を讃え、遺族を慰めるものとしますが、あまり大げさな表現をしない方が、かえって心にしみるようです。

弔辞の作法は、遺族に一礼して祭壇の前にすすみ、遺影に一礼してから弔辞の包みを開き、弔辞を両手で持って、読みます。読み終わったら、元のように包み直し、遺影に向けて、祭壇に置きます。遺影、遺族に一礼して自分の席に戻ります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.