葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

手水の儀(ちょうずのぎ)※神道

神聖な場所に入る前に、水で手と口をゆすぎ清める神式の儀式のことを「手水(ちょうず)の儀」といいます。

元来は神に詣でる前には、近くにある清らかな川で身を清めたものでした。今でも神社を参拝する前に、神社の境内にある、水が流れ、柄杓で水をくむようにつくられた施設で手と口をすすぎますが、あれは「手水舎(ちょうずしゃ)」というもので、昔、川で身を清めた名残なのです。

「手水の儀」の作法は、まず、柄杓(ひしゃく)を右手で持って桶に入れられた水をすくい、左手にかけてすすぎます。次に左手に柄杓を持ちかえ、右手をすすぎます。もう一度、右手に持ちかえて左手に水を注ぎ、その水で口をすすぎ、その後、左手を洗いながします。このとき、柄杓の中に水が残らないように、すべて流します。

最後に、柄杓をもとの場所に戻し、懐紙で両手をふき取ります。懐紙は葬儀社で用意することが多いのですが、最近では懐紙のかわりに各自にお手拭きを渡すところが増えてきたようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.