葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弔問(ちょうもん)

「弔問」とは、訃報を聞いてすぐ、お通夜や葬儀の前に遺族を訪問して、お悔やみの言葉を述べることを言います。親しい間柄であれば、訃報が届いたらできるだけ早く駆けつけることが大切ですが、無理な場合は弔電を打ちましょう。

お悔やみの言葉は、「このたびはご愁傷様です」等の一般的なものにとどめ、手伝いが出来ることはないか申し出ます。

弔問のときの服装は、派手な色を避ければ普段着で行ってかまいません。弔問に喪服を着て行くのは、「前もって準備していました」と受け取られるので、マナー違反です。

香典は、お通夜か告別式のときに持参するものですから、弔問のときには持っていきません。

弔問のときに故人と対面するのは、遺族からすすめられた場合に限ります。たとえどんなに故人と深い縁があったとしても、間違っても自分で白布をめくったりしないように気をつけてください。

対面をすすめられたら、まず故人の枕元で一礼、遺族の手で白布が上げられたら合掌し、最後に遺族に一礼します。このときも、遺体には触れないようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.