葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

追善供養(ついぜんくよう)

「追善供養」とは、死者の冥福を祈って、生きている者がおこなう供養のことです。「追」は後に従う、または追いかけるという意味で、「善」は善行をあらわすものですから、生きている私たちが善い行いをして、その功徳を亡き人に回し向ける、ということになります。

追善供養は死者を供養する行為ですから、本来なら、いつ行なってもかまわないもので、毎日、仏壇に手をあわせ、礼拝する行為も追善供養のひとつと言えます。

ですが、「法事」として行なわれる追善供養は、日が決められています。亡くなってから七日ごと、四十九日の忌明けまで行なわれる法要を「忌日法要」、100日めの供養を「百か日法要」、一周忌、十三回忌などを「年忌法要」といい、僧侶にお経をあげていただき、焼香をして供養をおこなうものです。

「年忌法要」は、宗派や地域によっての違いもありますが、一般的には一、三、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三回忌までとして、それ以後は「先祖代々」として、一緒に供養することが多いようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.