葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

通夜(つや)

本来の「通夜」は、遺族や、故人と親しかった人たちが、葬儀の前夜、一晩中、遺体に付き添って邪霊から守り、故人の思い出を語り合い、別れを惜しむものでした。お釈迦様が入滅された時、弟子たちがお釈迦さまを偲び、その教えを夜通し語り合ったことに由来しています。

最近では、約1時間程の「通夜式」として行なわれることがほとんどで、「告別式に行けないから、通夜式に…」といった理由で式に参列する人も多く、本来の「通夜」とはだいぶ変わったものとなっています。

一般的に、亡くなった翌日に通夜、その翌日が葬儀、告別式になります。そうすると、本来の「通夜」に最も近いのは、亡くなった当日、遺族や近親者で静かにすごす夜のことではないでしょうか。

一晩中、線香とロウソクの火を絶やさないで見守る習慣は、今でも残っています。喪主や遺族は、これから続く葬儀に向けて体調を整えなくてはいけませんし、精神的に疲れていることと思います。周りの人が気配りをして、交替で火を見守りましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.