葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

通夜振るまい(つやぶるまい)

本来の通夜は、故人の霊を守るために夜通し行なわれていたものですが、現在では、約1時間程の「通夜式」というかたちで行なわれることが多くなりました。

僧侶による読経のあと、全員で焼香をして閉式となりますが、通夜式が終わった後、故人と親しかった者たちに酒食の席を用意します。

これを「通夜ぶるまい」と言い、参列へのお礼の意味もありますが、故人とこの世で共にする最後の食事となりますので、静かに思い出を語り合い、故人を偲びます。

また、遺族にすすめられたら、一口でも箸をつけるのが礼儀ですが、長居はしないようにしましょう。

通夜ぶるまいの料理は、本来なら肉魚を避けた精進料理を供するのですが、今はそういった事もあまり気にしなくなり、すし、サンドイッチ、オードブル等のつまみやすく、食べやすい料理と、お酒、ジュースなどの飲み物を用意しています。「通夜ぶるまい」のかわりに粗品を用意したり、酒食ではなくお茶と菓子でもてなすところもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.