葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

追悼ミサ(ついとうみさ)※キリスト教

キリスト教の「追悼ミサ」は、仏教では「法要」にあたるもので、カトリック(旧教)では「追悼ミサ」、プロテスタント(新教)では「記念式」と言います。

「追悼ミサ」は、近親者と親しかった人たちを招き、亡くなった当日から数えて3日め、7日め、30日めに教会でおこなわれるものですが、3日めと7日めは省略することもあります。

毎年亡くなった月日に死者記念のミサを行いますが、1年めのミサを盛大に行なう以外、特に決まりはありません。それ以降は、10年、20年、または15年、25年といった区切りの良い年に、死者記念ミサを行なうことが多いようです。
追悼ミサが終わってから、教会の別室か、自宅に帰って茶話会を催し、故人を追悼します。

追悼ミサを行なった教会へは、寄付、献金といった形で謝礼を包み、表書きは「御花料」「ミサ御礼」としますが、神父、牧師個人に対しては「御礼」として別に包むのが一般的です。

参列する側は、お金を包むときには「御花料」としますが、キリスト教での供物は、生花以外のものは贈りません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.