葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

天台宗(てんだいしゅう)

「天台宗」は、最澄を開祖とし、阿弥陀如来(観世音菩薩、薬師如来をお祀りすることもあります)をご本尊とする宗派です。

最澄は、日本国内でさまざまな仏教を学んだのち、中国へ留学して修行をかさね、帰国してから「天台宗」を開きました。

天台宗では、“仏陀の教えは「妙法蓮華経(法華経)」に極まる”とすることから、法華経を中心とした菩薩戒・顕教・密教・禅法を“四宗相承(ししゅうそうじょう)”と言い、密教や禅、戒なども融合した総合仏教であり、この世に存在するものすべてに、仏になる可能性があると教えています。

天台宗では、摂律儀戒(悪事を犯さない)・摂善法戒(善法をおさめる)・摂衆生成(全ての人に力を尽くす)の3つを「大乗菩薩戒」といい、特に守るべき戒として重視しています。

天台宗の位牌には、戒名の上に大日如来をあらわす梵字の「ア」、または阿弥陀経来をあらわす「キリーク」を入れます。また、白木位牌のときには、いちばん上に「新円寂」「新帰依」「新没故」、戒名の下には「霊位」「霊義」と入れるのが一般的です。

なお、仏壇には、ご本尊として不動明王、毘沙門天などを祀ることもありますが、地域等による違いもありますので、菩提寺とご相談ください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.