葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

電脳墓(でんのうはか)

「電脳墓」とは、モニター画面でお参りをする新しい形のお墓です。

寺院や霊園内に納骨堂と一緒に設置されていて、専用カードをセットすると、故人の戒名、俗名、享年のほか、生前のすがた等が映し出されるようになっているものです。画像を見ることで、故人との思い出が鮮やかによみがえり、お墓参りのイメージが新しく変わるかもしれません。

電脳墓は、年々高騰する墓地の価格や、深刻化する墓地不足の解消に一役かうものと思われ、一人一人に専用カードが作られますので、「個人墓」の部類に入ります。

費用は管理料として支払いますが、永代供養を希望する場合は、永代供養料も加えて支払います。ですが、墓地や墓石の購入の必要がありませんので、費用は20万円、永代供養料を加えても50万円位のようです。仏教、神道、キリスト教など、宗教は問われませんし、インターネットで何処にいてもお参りができるというメリットもあります。

日本のお墓は、代々跡継ぎが守っていくもの、という意識が強かったのですが、近年では「家」よりも「個人らしさ」が求められるようになり、お墓についての考え方も変わってきたようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.