葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

読経(どきょう)

仏教の葬儀では僧侶による「読経」があります。なぜ、お経をあげるのか、ということについては宗派により違いがありますが、故人の霊を慰めるためにお経をあげ、あの世で受ける審判が善い方へ向かうことを祈っておこなわれるもの、と考えられています。

現代では“無宗教葬”を選ぶ方が多くなり、ホテル等を利用して、お別れ会的な葬儀を行なうケースが年々増えてきています。

日本人に「あなたはどの宗教を信仰していますか?仏教の場合、宗派は何ですか?」という質問をすると、ほとんどが「仏教です」と答えますが、「宗派はわからない」と言う方がとても多く、外国人から見ると「自分が信仰する宗教がわからないのか?」と、不思議に思われることが多いようです。

「お経」の項目にも述べている通り、お経そのものに有り難く、深い意味があり、仏事を行なう意義は、阿弥陀如来の功徳と慈悲深さを讃え、感謝の意を表し、そして、阿弥陀如来の教えを“生きている人”へ対して説くことにあります。

葬儀の方法については個人の自由だと思いますが、一度、自分の信仰する宗教について、考える機会を持つようにしたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.