葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

友引(ともびき)

仏事には何かとしきたりが多く、その中にはこれといった根拠は無いものの、何気なく習慣として行なっているものもあります。

「友引にお葬式を行なってはいけない」という話しは、いまだに全国的に信じられているものですが、本来、仏事とは関係のないことなのです。

中国の有名な軍師である諸葛孔明は、“六曜”という戦暦を考え出しました。六曜とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のことで、その中の「友引」は「共引きとして勝負なし」いわゆる「ひきわけ」といった意味の言葉ですので、葬儀や仏教には関係のないものですし、仏の字が使われている“仏滅”は、もともとは“物滅”といい、「すべてが虚しい日」のことなのです。

長い歴史の中で“共”が“友”に変化し、死者が友人を引っ張っていくような解釈がされるようになり、火葬場も友引の日が定休日となっていきました。

考えてみれば、仲の良かった友を、あの世まで一緒に連れて行くようなことはしないですよね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.