葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

直会(なおらい)※神道

「直会」は、それまで神前に供えられていた神饌、御神酒をおろして、参会者が全員で分かち合い、一緒にいただくことを言います。

神事に奉仕する者は、まず心身を清浄にする儀式からはじまり、準備を整えてから神聖な場に臨み、その状態は神事がすべて終わるまで続きます。

神事が終了すると、そういった状態にあることを解してふだんの日常生活に戻りますが、これを“直る“と言い、“直りあう“ことから「直会(なおらい)」の語源となりました。

神前に供えられた熟饌(火が通っている加工物)はそのまま、生饌(生のまま供えられたもの)は調理するか、生のまま食べられる物はそのままでいただきます。

神に捧げた食物は、神が召し上がったありがたいものであるという考えから、通夜祭、葬場祭、仏式での法要にあたる霊祭の終了時に、神へ感謝しながらおこなうものです。

神道では、なまぐさものを禁じていませんから、料理の内容に特にきまりはありません。ですが、もともとは神へのお供えものを下げて頂くものでしたから、ごく自然に土地特有の作物、魚介類を使った料理となり、直会料理は、今では郷土料理にもなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.