葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経(なむあみだぶつ、なむみょうほうれんげきょう)

「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」。

誰もが耳にしたことがあると思いますが、いったいどういう意味なのでしょうか?

まず、ふたつに共通している「南無」について。

「南無」は、古代インドのサンスクリット語で、帰依する、信じて敬う、従うという「namo」をあらわす言葉で、「南摸(なも)」とする場合もあります。「私は~に帰依しています」と、いうような意味になります。

「阿弥陀」は、同じくサンスクリット語で無量の命をあらわす「amitaayus」、無量の光をあらわす「amitaabha」の「amita」を音写したもので、量り知ることの出来ない、無限の命と光明をあらわします。

「南無阿弥陀仏」は、「無限の命と光明をあらわす仏さま、私はあなたを心から信じ、敬います」と言っているわけです。
漢訳した大乗仏教の経典の総称を「法華経」といい、その題目が「妙法蓮華経」ですので、「お題目を唱える」という言い方をします。

「南無妙法蓮華経」は、「私は法華経の教えに帰依します」という意味になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.