葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

新盆(にいぼん)(=初盆)

亡くなってから初めて迎えるお盆を「新盆」または「初盆」と言います。もし、忌明け前にお盆をむかえた場合は、翌年のお盆を「新盆」とするのが一般的です。

ふだんのお盆より丁寧に、手厚く行なうのがならわしで、親族や友人・知人を招いて、僧侶にお経をあげていただき、全員に食事をふるまいます。

「新盆」は、故人の霊にとっても、はじめて家に戻ってくる時となります。新盆には故人が迷わずに家に戻るようにと、“白張り提灯”を吊るして目印にする習慣があります。これは新盆のお迎えのときだけ使用するもので、送り火とともに燃やすか、お寺に納めます。

古くから初盆を迎えた家に“盆提灯”を贈る風習がありますが、近年では提灯の置き場所に困る場合もありますから、お互いに相談をしながら、希望する別の品物を贈っても良いと思います。

盆提灯には、吊るすタイプと置き型の2種類がありますが、どちらも提灯の意味に違いはありませんし、宗派による違いもありません。

贈答用には絵柄が入った提灯を、12日までには届くように贈ります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.