葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年忌法要(ねんきほうよう)

亡くなってから一周忌以降、毎年むかえる祥月命日を「年忌」といい、年忌の中の定められた年に行なわれる法要を「年忌法要」といいます。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌の年回忌がありますが、三十三回忌をもって最後として、以降は「先祖代々」として供養することが多いようです。

一周忌と三回忌には、親戚、友人、知人といった多くの縁者を招いて法要を営み、七回忌以降は徐々に人数を減らし、身内で行なうようになります。

自宅や菩提寺で僧侶にお経をあげていただき、焼香、卒塔婆をあげて供養し、法要が終わったあと、場所を変えて僧侶や招待客を食事でもてなします。

法要に招かれ、生花や菓子を持参するときには表書きを「御供」とし、現金を包むときには「御供物料」「御仏前」となります。

招待客の都合を考えて、法要を土日祝日に行なうことが多いのですが、その場合は、実際の祥月命日よりも早く行うように予定を組みます。

また、2つの回忌法要を同時に行なうときには、早いほうに合わせて行ないますが、一周忌は他の回忌とは一緒にしないで、丁寧に行なうようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.