葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年賀欠礼 喪中はがき(ねんがけつれい、もちゅうはがき)

「喪中」は、身内が亡くなったときに遺された家族が喪に服す期間のことで、故人との関係にもよりますが、通常一年間とされています。

「喪中」は、故人との関わりが深かった者が、その死を悼み、身を慎む期間のことですので、結婚式などの慶事、派手な遊興、神社への参拝を控えるようにします。

「喪中」に正月を迎える場合、初詣、正月飾り、年始の挨拶回り等もおこなわないため、年賀状も出さないようになります。「喪に服しておりますので、年賀状は欠礼させていただきます」とお知らせするのが「年賀欠礼状」で、「喪中はがき」と言われているものです。

年賀はがきの受付を開始する前、できれば相手が年賀状の準備をはじめる前に、できるだけ早めに送るようにします。

12月に入ってからお亡くなりになった場合、喪中はがきは送らずに、松の内(正月飾りを立てておく期間、1月1日~15日まで)が明けてから、「寒中見舞い」として欠礼の挨拶をします。喪中はがきを送らない人から年賀状が届いた場合も同様です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.