葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

納骨、納骨式(のうこつ、のうこつしき)

「納骨」とは、お墓や納骨堂に遺骨を納めることで、このときに行なわれる儀式を「納骨式」と言います。 

既にお墓がある場合は、四十九日の忌明けにあわせて納骨を行うことが多いようですが、お墓を新しく求める場合は、お盆やお彼岸、一周忌などに納骨し、あまり忌明けにはこだわりません。

まず、石材店に新たに戒名等を刻んでもらい、お寺の方と日程の相談をし、日取りが正式に決まったら、石材店、参列される方へ連絡をします。

納骨の当日、準備するものは、ご遺骨、埋葬許可証、墓地利用許可書(不要な場合もあります)、印鑑、数珠、花、果物、線香、ろうそく等のお供え物、お布施、石材店への謝礼、となります。

自宅やお寺で読経していただいてから、お墓へ移動します。

石材店に墓石を動かしてもらい、遺骨を納め、僧侶のお経から始まり、ひとりずつ焼香をし、前もって準備した卒塔婆をたて、納骨式は終了となります。

納骨が終わってから、故人の供養のため会食をすることが多く、納骨が無事に終了したことへ感謝の意をこめて行なうものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.