葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

墓(はか)

お釈迦様が亡くなった後、遺骨をまつって仏塔を建てました。これが「お墓」の起源となったもので、仏教とともに日本に伝わり、平安時代には武士、貴族などの上流階級の墓地に石塔が建てられるようになりました。

庶民がお墓を建てるようなったのは江戸時代以降ですが、これは檀家制度の制定が大きく関わり、寺院墓地が広く浸透したためです。

お墓は先祖から子孫へと「家」ごとに受け継がれ、「家の墓に入る」という感覚でした。お墓の概念も時代とともに変化していますので、今では「お墓を見ればその人の人生がわかる」ような個性的なお墓が多いようです。

“墓埋法”で衛生上のことから規定されている事柄はありますが、お墓はこうあるべきだ、という決まりもありません。お墓は、死者を供養して祀るための神聖な場所ですが、もうひとつ、生きている者の心の拠り所という意義もあります。お盆、お彼岸、命日など、おりをみてお墓参りをしましょう。

お参りをするときには、手を合わせて皆が無事に暮らしていることを報告し、お供えした食べ物は一緒にお墓参りに行った人たちと分け合って、その場で食べるようにします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.